2010-07-05から1日間の記事一覧

鳴海邦碩著『都市の自由空間』

歴史のなかの自由空間 この本はひょっとすると「反都市計画の書」なのかもしれない。 なぜか。 語られる事例のなかに、計画意思が読み取れないからだ。 「道は空地である」ということ自体も、そうだ。道なんだから、人が通るとか、軍隊が迅速に移動するとい…